×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資格 試験 講座 調理師 免許

資格選びのアドバイス

自分にあった興味の持てる資格を選ぶ!

その資格に興味がなければ、資格取得途中で行き詰ってしまいます。

まず、第一は「やってみたい」「その分野で活躍したい」という意欲の湧くものを選ぶ事が基本です。

 

得意分野や業務に関連した資格を選ぶ!

現在の、あるいは経験済みの業務に関連していて、かつキャリアアップが図れるものを選べば、資格取得後は即、実践に活かす事が出来きます。また、経験済みの内容であるため、途中で挫折する可能性は低いです。

 

取得出来る可能性の高い資格を選ぶ!

いくら格好が良くて高収入が期待できる資格であっても、自分の能力や適性とのギャップがあり過ぎるのは考えものです。

「何年がかりでも!」という意欲は悪くありませんが、それよりも確実性のあるものに的を絞った方が賢明です。

また、資格によっては一定の学歴や経験を必要とするものもありますので、その点も確認する必要があります。

 

社会的ニーズの高い、将来性のある資格を選ぶ!

5年先、10年先でも活用できる資格を選びましょう!

そのためには、日ごろから世の中を見渡し、社会・経済・産業の動向に注意を払う事が大切です。

 

 

趣味講座、資格の取得 : 調理師

調理師

どんな資格?どんな仕事?

「調理師」とは、調理師の名称を用いて調理の仕事ができる者として、都道府県知事の免許を受けた者をいいます。職場によっては資格取得が採用条件の一つだったり、資格手当がつく場合もあります。

 

また、飲食店に設置義務のある「食品衛生責任者」も、調理師資格を持っていれば申請だけで入手できます。資格取得者は300万人以上に上り、大変メジャーな資格です。

 

資格取得はあくまで出発点であり、ここから経験を積んで一流の料理人をめざします。

 

活躍の場は?

日本料理、西洋料理、中華料理などの飲食店、企業や病院などの給食、あるいは飛行機の機内食、食品関係企業の開発部門など、料理がつくられるありとあらゆるところに活躍の場があります。

 

将来の調理師資格の義務化をにらんで、資格は就職や転職の強い味方となるでしょう。また資格取得によって、職場での待遇や収入のアップにつながります。さらには飲食店などで修業ののち、独立して自分の店を持つことも夢ではありません。

 

試験データ

受験資格

中学校を卒業した者と同等以上の学力を有する者で飲食店などで2年間以上調理業務に従事した者(中学・高校を卒業後、各種の調理師養成施設でカリキュラムを修了すれば無試験で取得可能)

試験内容

食文化概論/衛生法規/公衆衛生学/栄養学/食品学/食品衛生学/調理理論

試験時期

5〜6月と10〜11月の年2回行われる場合が多い。年1回の場合は6〜9月頃。

合格率  ・・・約65%前後

 

もっと調べてみる!

ライセンスワールド(License World)

ライセンスワールドは、全国の社会人向けスクール、大学・短大、専門学校などを探せる、資格・学校情報ポータルサイ トです。

 

セミナー情報や、学校見学会・相談会情報、スクール特典情報なども掲載されていて、気になるスクールの講座が見つか った場合、ウェブサイト上から【無料】資料請求ができます。

 

もっと詳しく調べてみる>>>>通信講座・通学講座の一括資料請求

もっと詳しく調べてみる>>>>資格取得、資格試験、趣味講座でキャリアアップ


もしかしてあなたは今、こんな状態?

調理師の資格

あなたは今、現状に不安・不満を感じていて、「何とかしたい!」けど「どうして良いか分からない」と思っているうちに「なんとなく時間だけが過ぎてしまって」焦っていませんか?

 

また「人と比べて私は。。」と自己嫌悪に陥ったり、「もっと頑張らなくっちゃ!」と自分にムチを打っていませんか?

 

けれど、こんなふうに苦しむ必要があるのでしょうか?

 

その必要は全くありません。

 

もっと、

自分らしい幸せなLB(ライフバランス)があっても良いハズです。

もし、あなたにそんなLB(ライフバランス)が手に入ったら、人と比べなくても良かったらどんなに楽でしょう。

 

人生にはさまざまな要素で構成されています。

例えば仕事、お金、健康、人間関係、恋愛、自己成長、趣味、環境などこれだけでも8つの要素があります。

 

要はこの8つの要素(もっとあるかもしれません)のバランスが大切なのです。

 

よく理想のLB(ライフバランス)はなかなか手に入らない、手に入れるのは困難だと思われていますが、

それはウソ。単なる思い込みです。

 

最初から否定してしまっていては、その先はありません。

ただそれだけの事。

 

あなたにいつの間にか植え付けられてしまった固定概念を手放した瞬間に、実現の可能性が広がり始めます。

 

あなたが最初にしなければならない事。

 

それは、成功を願うこと。

 

この続きはコチラからどうぞ>>>>自分らしいライフバランスを見つけよう!


資格を取得するという事

■「向上心」の代名詞

資格取得を考える人たちの共通点は、秘められたる「向上心」であり、口先だけではない、心からの向上心が成果として形になったものが資格取得であると言ってよいでしょう。

■企業等は自己成長を重視する

企業等は人材育成の観点から、社員の自己啓発による成長を重視します。会社等組織内に身を置く人が資格を取得すると、その能力に関する証明として組織内での信頼が得られ、会社等における存在価値や人の見る眼もそれまでと違ったものになることでしょう。

■就職・転職に大きなプラス

より適職を求めて、また自らのキャリアアップのために他業種へ転職するような場合でも、資格があれば業習間に横たわる垣根を越える心強い味方となり、手助けとなるでしょう。

■「芸」ならぬ「資格」は身を助く

企業によっては、昇進試験を受けたくても関連資格の資格を取得していなければ、試験さえうけられないという会社などもあります。また、そのような格別の事情が無い場合でも、資格取得には良いことこそあれ、悪いことは無いといってよいでしょう。資格取得により専門知識を身につけ、現場で活用、応用することにより改善や成果につながれば、現在の仕事においても、昇級試験においても有利になることは間違いありません。